Google検索で役立つ色々な検索コマンド

googleでの検索について、google検索には色々と便利なソート機能がありますので、そのいくつかを紹介

link:(URL)・・・URLにリンクしているPageRank4以上のページを全て表示します。
allintext:(URL)・・・pagerank4以下のページも全て表示します。
site:(URL)・・・指定したドメインまたはサブドメインにあるインデックス化されたページを表示する
allinurl:(URL)・・・URLを対象に後ろに続くgoogleにインデックスされている全てのページを表示します。
cache:(URL)・・・googleにキャッシュされている最も新しいHTMLの内容が見れます。現在は見れないページが保存されていたり、いつgoogleがページに訪れたか確認することが出来ます。ソースが保存されているので、何かあった時にバックアップ変わりにもなるかもしれない。
related:(URL)・・・指定したURLと関連したページを表示します
info:(URL)・・・指定したURLの様々な情報を表示します
allintitle:(単語)・・・タイトルタグ内に単語の入ったサイトを検索
inurl:(キーワード)・・・キーワードの文字列をurlに含むページを全て表示します。
inanchor::(キーワード)・・・キーワードをアンカーリンクのタイトルにしているページを表示します。
単語 site:(URL)・・・ドメイン内のページのみからキーワードの語句を検索する。

後はdaterange: filetype:  を使えば特定の日付の範囲内で検索したり特定の拡張子のファイルのみを検索したり出来ます。この2つはコマンドを知らなくても検索オプションで指定して検索できます。