yt3d用の立体視動画を作り投稿する手順まとめ

youtubeにはyt3dという立体視動画の為の機能があります。それを使用すれば立体視専用のディスプレイとキットを用いて見れる立体視動画がyoutubeで再生出来るようになります。
今回はそのyt3dを使用する為の立体視動画の作り方を紹介します。

☆必要なツール
立体視用の二つのvmdファイルを作成
-VMDファイルをcsvファイルに変換「VMDConverter」
-MMD立体視カメラワーク変換ツール「Camera Shift」

Excelマクロを動作させるソフト
-Microsoft Excel2000移行

動画編集ツール
-ステレオムービーメーカー
-AdobePremire等

「VMDConverter」と「Camera Shift」内のそれぞれの「readme」を⑥の手順までは分かりますが簡単にまとめておきます。
①立体視させたい動画のカメラモーションを保存したVMDファイルをVMDConverter.exeにドラッグ&ドロップしてcsvファイルに変換。
②CameraShift.xlsファイルを開いた後①で変換したファイルを開く。
③CameraShift.xls内の説明文の通り(xls内に直接書いてあるので省略します)エクセルマクロを使い、元のファイル名に_rと_lを付けた2つのファイルを生成。
④③で出来た2つのファイルをVMDconverterにドラッグ&ドロップしてVMDファイルに変換
⑤④出来たVMDファイルをMikuMikuDandeで読み込み、それぞれ右目側用と左目側用の2つの動画を作成。
⑥ステレオムービーメーカ等の動画編集ツールで二つの動画をそれぞれ横幅を50%にして横並びにした動画を作成。
⑦youtubeに動画をup。タグにyt3d:enable=true又はyt3d:enable=LRをつけて下さい。これにより動画にyoutube独自の機能である立体視用の設定項目が付きます。設定を保存で完成です。

ちなみにニコニコ動画はyoutubeのような立体視設定は対応してないので、⑥で作成した動画をそのままUPすれば、交差法又は平行法で見る動画になります。

[使用例]
https://www.youtube.com/watch?list=PL1BA08672F3B7B178&v=XQ-tikcQObc

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17195119

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA