肩キャンセルボーンを追加して自然な腕の動きをつくる

肩キャンセルボーンとは肩を動かしても連動して腕が動かなくする為のボーンの事です。肩キャンセルボーン(通称:肩キャン)を追加することによって、肩のみを上げたり下げたりといった動きや、肩の動きを分離させた腕のスムーズなモーションをつくることが可能になります。例えば腕を真横に上げる動作などは、通常肩と腕の両方の動きを考慮してキーフレームを調整しなくてはなりませんが、肩キャンで分離させれば、腕のみのキーフレームでスムーズに真横に上げる動作が出来ます。
肩キャンセルボーンは極北P、ででPによって作られたPMDエディタのプラグインを使用することで簡単に追加できます。
プラグインを使用すれば肩ボーンとは別に肩Pと肩Cボーンが追加されるので、ほとんどの肩キャンセルボーンを使用してないであろうモーションにも対応します。

Tda式アペンドミク
ac4a6e7a1dfe7c5ab4279c8d0422d5cd-300x187

↓肩Pで編集
appendmiku-300x187

◆PMDエディタに入れるプラグイン
モーション流し対応肩キャンセル追加プラグイン
【機能】肩を動かしても腕が上がらないようにする。動作はPMDエディタv0.1.2.3以降。
[モデルに肩キャンセルボーンを追加する方法]
①上記のリンクからダウンロードしたファイル内のuserフォルダ内にあるCanselshoulder_for_PMD.dllをPMDEditorの「_plugin」→[User]フォルダ内に置いてください。
②PMDEditorを起動しモデルを読み込んで下さい。
③PMD編集view内の編集メニューからプラグイン→User→PMD用肩キャンセル追加を選択。
④編集メニューからリストの表示更新を選択すると、ボーンリストで肩Pと肩Cが追加されているのが確認できます。
⑤ファイルメニューから名前を付けて保存で完成です。
[補足]
肩キャンセルボーン使用のモーションであっても、追加していないモデルに流し込んでいる可能性があるので、モーションファイルのれどみテキストをきちんと読む事を推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA