AR(拡張現実)のコンテンツを作ってみた

ARコンテンツを作ってみました。
3DCGモデルはメタセコイアで作成。AR制作ツールはjunaioを使用。

[使い方]
junaioというARアプリをスマホにインストールしてjunaioの起動画面からスキャンボタンを押して下の絵をスキャンすると3DCGのモデルが絵の上に表示されます。

アプリ
Androidアプリ:junaio

iphoneアプリ:junaio

 

mark

こんな感じで表示されます。
aaa

CSSプロパティとHTMLタグの正式名称

CSSオプションとHTMLタグはparagraph(段落)ならpのように本来の意味の正式名称から頭文字等をとった略称であるのがほとんどですが、普段から特に正式名称は何であるか意識した事はないのでちょっと調べてみました。

CSSプロパティ呼び方
width ウィズ
height ハイト
align アライン

HTMLタグ 本来の単語
a anchor
br line break
hr horizontal rule
href hyper reference
h1-h6 headings paragraph
dl difinition list
dt difinition termd
dd difinition description

といった感じです。widthのことウィズじゃなくてワイズって読んでました!頭の中でですけど(笑)htmlタグは元になった単語はまんまの意味ですね、当然ですけど!dl,dt,ddなんて元の単語は想像つかなかったけど英語圏の人なら容易なのかな。

Google検索で役立つ色々な検索コマンド

googleでの検索について、google検索には色々と便利なソート機能がありますので、そのいくつかを紹介

link:(URL)・・・URLにリンクしているPageRank4以上のページを全て表示します。
allintext:(URL)・・・pagerank4以下のページも全て表示します。
site:(URL)・・・指定したドメインまたはサブドメインにあるインデックス化されたページを表示する
allinurl:(URL)・・・URLを対象に後ろに続くgoogleにインデックスされている全てのページを表示します。
cache:(URL)・・・googleにキャッシュされている最も新しいHTMLの内容が見れます。現在は見れないページが保存されていたり、いつgoogleがページに訪れたか確認することが出来ます。ソースが保存されているので、何かあった時にバックアップ変わりにもなるかもしれない。
related:(URL)・・・指定したURLと関連したページを表示します
info:(URL)・・・指定したURLの様々な情報を表示します
allintitle:(単語)・・・タイトルタグ内に単語の入ったサイトを検索
inurl:(キーワード)・・・キーワードの文字列をurlに含むページを全て表示します。
inanchor::(キーワード)・・・キーワードをアンカーリンクのタイトルにしているページを表示します。
単語 site:(URL)・・・ドメイン内のページのみからキーワードの語句を検索する。

後はdaterange: filetype:  を使えば特定の日付の範囲内で検索したり特定の拡張子のファイルのみを検索したり出来ます。この2つはコマンドを知らなくても検索オプションで指定して検索できます。